監視カメラの防犯効果

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

商店や小売店にとって頭の痛い問題は様々ありますが、万引きはその最たるものと言えるでしょう。万引きの認知件数は年々下がっていますが、検挙件数はここ数年腹ばい状態で減ったと実感できるような成果が上がっていないのが現状です。万引きは軽犯罪のような感覚でしている人が多くいますが、れっきとした犯罪です。窃盗罪にあたり、10年以下の懲役、または50万円以下の伐期に処されます。窃盗罪ですので、発見された際に店員の方などを突き飛ばして逃げたりすれば簡単に強盗傷害が成立します。万引きを行っている方々はこう言ったリスクを承知せず、何も考えずにやっているのでしょう。

万引きが起こりやすい店舗の問題としては、防犯意識の欠落、店舗大型化による従業員のカバー範囲の増大、従業員の防犯意識の低下などが挙げられます。対して、万引き犯の減少に役立っているのが防犯カメラの設置数増加、店内レイアウトの変更、万引き防止装置の導入が挙げられます。中でも防犯カメラの増設は最も効果的であり、導入も手軽に行えるという点で優れています。

万引き犯を根本から減らすには青少年の健全な教育や、従業員への徹底した万引き対策の教育が必須になります。ですが、そうした事は準備にも結果が出るのも時間が掛かり即応的とはとても言えません。現在進行形で万引き被害に悩んでいるという方のためにこのページでは万引き犯への防犯対策として、監視カメラを利用した方法について解説します。万引き被害を少しでも減らすお役に立ててください。