悪質化する万引き犯

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

万引き犯は悪質化すると集団で行うようになります。実行犯を囲むように人が気を作り、犯行の瞬間を隠すようにして万引きする者や、囮を利用して従業員の気を引き、その隙に実行犯が商品を万引きする、と言うように一筋縄でいかないような狡猾な手口を使ってくるのです。

そうした万引き犯には監視カメラによる防犯は効果的なのか、と言うとこちらにも効果はあります。まず一つ目の人垣を作るものに対してですが防犯カメラだけでなくミラーも設置することで死角を無くすことで対応が可能になります。如何に人垣を作ろうと上からの視界を遮る事は容易ではないからです。また、怪しげな集団が出来ていた場合、集団の早期発見を可能にし、従業員による目視確認も行えます。続いて二つ目の囮については言うまでもなく、人間の目を引きつけられてもカメラの注意を引く事は出来ません。人の目を引きつけて死角に隠れようと、前述のミラーも併用する事で死角を無くせば、囮の意味がなくなるでしょう。

こうした犯行においても前述した録画の効果は生きてきます。録画した映像を確認する事で対策を講じる事が出来ますし、店側が気付けなかったような死角を発見する事もできるでしょう。そうした経験を蓄積し、従業員や店舗にフィードバックする事で確実に万引き被害は減少していくでしょう。